世界最大のラブドールメーカーはどこですか?

世界最大のセックスドールファクトリーはどこですか? 驚いたことに、世界中でそのタイトルの競合相手がたくさんいます。 最も有名な2つを見てみましょう。どちらもアジアからです。

中国のラブドールメーカー

世界の製造品の大部分が生産されている国であることから、中国が世界最大のセックスドールファクトリーとして実行可能な競争相手であるファクトリーを持っていることは驚くべきことではありません。

ほとんどリアルなラブドールやAI ラブドールを大量生産する需要が高まっているため、中国の起業家は中国南部の都市、広東省にKanadollを設立しました。

Kanadollの工場は毎月たくさんのリアルラブドールを製造していると言われています。これらのカスタムドールはすべて、購入者のニーズや要望に合わせて製造現場で作られています。バイヤーは、リアルなセックスドールの顔色、身長、バストサイズ、胸のサイズ、目の色、髪の色、そして陰毛の量さえもカスタマイズできます。典型的には、買い手は、青白い肌、大きな胸、および全体の高さ5.5フィートのラブドールを注文する可能性が高い。

2017年半ばに、Kanadollはセックスロボットの研究を始め、現在では150人以上の従業員を雇用し、将来的にはさらに拡大する計画です。同社は人工知能を利用して、とてもリアルなラブドールを作り出す予定です。彼らは中国の多数の未婚独身者の孤独を満足させることができた。現在、中国の男性の人口は3360万人を超えています。ペアリングする女性がいない男性の数で、ベッドの中でほとんどまたはまったく行動を起こさない欲求不満の若い男性の数を想像することができます。

Kanadollのマーケティングディレクター、氏朱は、同社のリアルラブドールがこのジレンマに対する明確な解決策になり得ると確信しています。彼によると、中国で女性が不足しているという事実は、需要、したがってその売り上げが増加している理由の明らかな要因であるが、朱氏はまた、リアルラブドールはセックスだけの目的ではないと主張している。セックスドールをパートナーと見なす人もいます。

https://www.kanadoll.jp/

ラブドールメーカー日本

日本のオリエント工業は、世界で最も古いリアルなセックスドールの製造会社のひとつです。彼らは1977年に遡り、40年以上前に始まりました。そして当時比較的小さな会社から、彼らは自分自身を十分に大きくすることができました。

オリエント工業 ラブドールは実在の人々に非常に近く、そして彼らの価格も最も高価です。

東京のオリエント工業の工場で生産されたリアルなラブドールは、熟練した労働者によって手塗りされているという特徴を持っています。セックスドールの体がラックに吊り下げられ、アーティストの作業者がそれらをスキャンしてその詳細を再確認するので、足の底まで愛用されます。ラブドールについての他の情報は手と足の上の現実的な爪、完全に操作可能な指、現実的な眼球運動、さらには適切な陰毛の量とスタイルさえ含みます。品質と正確さを確実にするために、頭と顔は最先端の3D技術を利用することによって作成されて、石膏を使って鋳造されます。

この40歳の会社は、単なるセックスドールとしてではなく、文字通りの芸術作品として彼らの作品を呼ぶことに誇りを持っています。非常に興味深いことに、障害者のためにセックスドールを作り始めただけでなく、彼らに寛大な割引を提供し始めた数少ない企業の1つであることから、同社は目立つように成長しました。

工場の中に入ると、あなたは彼らの手作りの作品が彼らの熟練した労働者によってかなり愛情を込めて集まっているのを見るでしょう。会社の工場では、体型や顔が異なる少なくとも5つの異なる人形テンプレートを在庫しています。これは彼らの様々な顧客のために迅速かつ効率的にカスタムドールを作ることをより簡単にします。彼らがする必要があるのは、彼らが持っているテンプレートを、買い手が探しているものに最も近いものを組み合わせて組み合わせることです。その後、残っているのは、彼らがこれらのテンプレートを手で細かくカスタマイズすることだけです。職人の技能と美徳の両方が、職人の技と忍耐が必要とされる場所です。

世界最大のラブドールメーカーはどこですか?

中国全体では、世界で性玩具の80%以上を生産していると推定されており、業界の評価額は66億ドルで、100万人以上の従業員を雇用しています。 目立つように、Kanadollはシステムに人工知能を組み込んだ高度な性的ロボットをロールアウトし、複雑な反応的表情とボディーランゲージ、そして高度な音声認識ソフトウェアと動体検知眼球運動を生み出すことを目指しています。
時が経つにつれて、ラブドール業界はますます良くなるでしょう。

関連記事一覧

  1. この記事へのコメントはありません。