世界最大級のラブドールメーカーはどこ?

世界最大級のセックスドール工場はどこにあるかご存知ですか? すこし驚くかも知れませんが、世界には数え切れないほどのラブドールメーカーが多く存在しています。今回ですが、知名度の高い2メーカーにフォーカスをしてご紹介いたします。

中国ラブドールメーカー

「やっぱりな。。。」と思われたかも知れませんが、世界中の製造品の大部分を生産している国が中国です。なので世界最大規模のセックスドール工場が中国にあったとしても決して驚きではないかと思います。

再現性の高いリアルなラブドールや、AI ラブドールの需要がここ数年の間に急激に高まっていますので、野心的な中国人の起業家が中国南部の性なる都市、広東省に多く集まりラブドール工場を多く設立しました。

Kanadollの工場は、それら多くの工場の中でも生産量が突出しています。毎年の平均的な生産数量は、約15,000体ほどを記録しています。簡単に計算をしますと、毎月1,250体ほどのラブドールを製造して欧米をメインに輸出をしています。これだけの輸送量を毎月確保できているので、FEDEXやDHLなどの世界最大手の海外宅配便業者から格安な特別契約運賃にて契約が出来るため、日本のお客様へも他社よりもお手頃な値段でご提供をすることが出来ているのです。

ほぼ大抵のラブドールはすべて、お客様のニーズや趣向に合わせてカスタマイズをして作られています。お顔、ヘアスタイル、身長、カップサイズ、瞳の色、そしてマン毛の量さえもご要望に応じて製作をしています。

KanadollはR&Dにも力を入れています。2019年には、お客様からのご要望が多く寄せられていたゼリー胸の商品化に成功しました。ゼリー状の液体をオッパイの中に注入することによって、ぷにゅぷにゅでプリンとした弾力のあるリアルな胸をハイレベルに再現しました。また、こちらもご要望の多かった発声ボイスユニットを開発して、実際にラブドールへ取り付けることにも成功しています。まだまだ改善が必要な段階ではありますが、より臨場感のある鮮明な音質とユーザビリティ向上を目指して開発を続けています。現在は、欧米でも注目を浴びているAIロボットドールへの開発にも取り組んでいます。

 

ラブドールが中国製である理由

英国人は、「ほとんどのラブドールは中国で生産されているのはなぜですか?」

まず、すべてのセクシーラブドールが中国で作られているわけではありません。いくつかはアメリカで作られており、ヨーロッパとロシアを中心にいくつかの小さなプロジェクトがあります。しかし、それらの大部分は極東で作られています。アメリカ人は中国人よりもはるかに小さな規模で高級人形を作ります。アメリカの市場は非常に大きいため、うまくいけばこれらは生き残る可能性が高いですが、ミッドレンジまたは実数で競争することはほぼ不可能と思われます。多くのアメリカ企業は長年にわたって廃業したか、中国にライセンスを供与しましたが、中国企業の数は毎年増加しているようです。

中国のセックス人形工場

これの主な理由は、他の多くの製品がそこで製造されているのと同じ理由です。低い生活費、労働者の豊富さ(人口が多い)、および中国人の期待が低いことは、彼らがより低い賃金を支払われ、西側の同等者よりも公平に扱われないことを意味します。中国内のシステムは、企業間の慣行と協力により、製造業者がビジネスを行いやすくなるまで進化しました。中国の輸出業者は、もしあれば低額の税金を支払い、価値の低い通貨では、より多くの価値を得ることができます。

そのため、ヨーロッパやイギリスの堅実なセックス人形工場がすぐに登場することはまずありません。テクノロジーや製造プロセスが変わっても、中国人は単に適応します。 3Dプリンティングは競争の場を平準化したかもしれませんが、中国はすでにこの技術を手に入れており、この新しい、しかし急速に成長している業界のリーダーのようです。また、中国の工場がすでに西洋化された顔の特徴と体型の重要性を理解し始めているので、アメリカ人はすぐに苦労すると思います。これがハイエンド人形とより一般的に組み合わされ、アメリカの技術がコピーされると、それらは圧搾されるか、少なくともつま先で常に保たれる可能性があります。

セクシー ラブドール 巨乳 村竹 亜澄 165cm 通販

一部の人は、中国の製造業は、米国やヨーロッパの製造業と同じくらい良いものではない、またはそれほど良いものではないと主張するかもしれませんが、それは古い議論です。中国人は、欧米人がより高い水準の製品を必要とすることを認識しており、日本人がかつて行っていたものと同様の方法で改善するために熱心に取り組んでいます。つまり、累積効果がヨーロッパやアメリカ人によって行われた単一のイノベーションよりも大きくなるまで、一定の小さな改善です。

それでは、英国、欧州、米国の企業にはどのような場所が残っていますか?まあ、私たちは売り手、デザイナー、プッシャー、インタラクターです。私たちは接続を行い、中国人が単にできないサービスを提供します。信頼性と関係を提供し、製品を販売しています。迅速な出荷、現地の国境軍との事務と税金の完全な取り扱い、配達の整理、アフターケア、サポート、ガイダンスなど、中国人ができないことを提供しなければなりません。結局、そうしなければ、時間内に顧客は単に私たちを迂回して直接取引をするでしょう。

日本ラブドールメーカー

ラブドールをご存知の方でしたら、おそらく一度は必ず耳にする日本を代表するラブドールBrand、それがオリエント工業です。世界を見渡しても最も古い歴史を持つリアルセックスドール製造会社のひとつです。オリエント工業の創業は1977年と40年以上も前からラブドール生産に携わっています。当時は比較的に小規模な会社でしたが、初めは障害者への支援・性処理の問題を解決するためにダッチワイフの改良に乗り出すという、とても尊敬できる理念から創業されて、自他共に認める日本のNo.1ラブドールメーカーへと成長をしました。

オリエント工業が作りあげるラブドールは実在する人間に極限までに似ています。ですが、そのため値段も最も高価な価格帯となります。

東京にあるオリエント工業の工場で生産されたリアルラブドールは、熟練した日本人技術者の手作業によって非常に細かいところまで丁寧に表現されています。足の裏まで愛用されるほどです。

オリエント工業さんが生産するリアルドールは、商品としてだけではなく文字通り芸術作品としても広く認識されています。上記でも触れましたが、障害者のためのセックスドール作りを理念として創業をされて、障害のある方々へは特別割引を提供したラブドール業界では数少ない素晴らしい企業の1つであることは明白です。

『魔族戦士』 爆乳ラブドール 蛍 153cm

2021世界最大のラブドールメーカーはどこですか?

中国全体では、世界で性玩具の80%以上を生産していると推定されており、業界の評価額は66億ドルで、100万人以上の従業員を雇用しています。 目立つように、Kanadollはシステムに人工知能を組み込んだ高度な性的ロボットをロールアウトし、複雑な反応的表情とボディーランゲージ、そして高度な音声認識ソフトウェアと動体検知眼球運動を生み出すことを目指しています。

時が経つにつれて、ラブドール業界はますます良くなるでしょう。なにかご質問がありましら、遠慮なくKanadoll.jpにてお問い合わせください。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です