徹底的TPEラブドール修理ガイド

熱可塑性エラストマー(TPE)はラブドールを作るための主要な素材です。一般的は使用中に損傷しないように十分注意しますが、予測できず破れる場合もあります。前は小さな裂け口の修復方法をご紹介しました。今回は大きな傷がある場合の修理方法を紹介いたします。このチュートリアルに従ってTPEラブドールを修理できます。

まずはTPE修理キットを紹介したいと思います。
スムージングな仕上げを重視し、キット全体がより便利になりました。
したがって、以下も追加できます:
— 溶剤「Smoother」(あらゆる修理の傷表面を滑らかに柔らかくするための溶剤)
— 溶剤「Finsiher」(TPE表面の元のマット効果を取り戻します)
— ホワイトオイル(さわやかな状態に修復する粘度が非常に低い純粋な鉱油)

TPE修理キットの内容:

  • 15 ml / 0.5オンスTPEペースト、中濃度、気密性のある茶色のボトル
  • ブラシ付きの密封ボトルに10 ml / 0.33オンスの溶剤「下地」
  • ブラシ付き密封ボトルに入った10 ml / 0.33オンスの溶剤「Smoother」
  • ブラシ付き密封ボトルに入った10 ml / 0.33オンスの溶剤「Finsiher」
  • ブラシ付き密封ボトルに10 ml / 0.33オンスのホワイトオイル
  • 耐溶剤性の小さな缶に入った5gの細断TPE材料
  • TPEペースト濃度を調整するための耐溶剤性の小さな缶
  • TPEペーストを混合するためのつまようじ
  • 低粘度TPEペースト吸い上げ用5mlシリンジ
  • 8cm注射針、直径2 mm、低粘度TPEペースト注射用
  • 中濃度および高濃度液体TPEペースト用20 mlシリンジ
  • 中濃度および高濃度液体TPEペースト用の10cm注入ホース
  • テスト材料としてのTPE片

TPEペーストおよび溶剤「下地」:

ご注意ください!
TPEペーストはTPE接着剤ではありません!
溶剤「Preparer」はTPE接着剤ではありません!
どちらも別々の用途がある液体です。

溶剤の「下地」は次のように使用されます

— スプレー可能な薄いTPEペーストの製造に使用されるTPEペーストの溶剤
— 後のTPEペーストの塗布のために、TPE材料を穏やかに粗面化および軟化することによる準備用プライマー

TPEペーストおよび溶剤「下地」には、キシレン、トルエン、スチレンなどの芳香族炭化水素を溶解(および破壊)する成分は含まれません。
私たちが使用している溶媒は、TPE材料をスムーズにします。

TPEペーストの塗布:

TPEペーストを希望の粘度に調整します。
ペーストは、ブラウン色のガラス瓶の中にあります。
— 混合容器内に溶剤「下地」+ TPEペーストを追加=薄めのTPEペースト
— 混合容器内にTPEペースト+細断TPE材料を追加=濃厚TPEペースト
表面を均一に粗くし、わずかに柔らかくするために、溶剤「準備」で領域を準備します。

小さいサイズのシリンジに注射針をつけて薄いTPEペーストを塗布します…

または、大きいサイズのシリンジと注入ホースを使用して、ブラウン色のガラス瓶から直接中濃度のTPEペーストを…

または、高濃度TPEゼリーで穴を埋めて、その後、中濃度のTPEペーストで封じます。

スムージング:

これは、修復全体の最も重要な一歩です。
溶剤「Smoother」を表面に塗ります。
「Smoother」の具体的な効果をご確認ください。

つや消し

溶剤「Finisher」を傷部分に塗り、修理した傷に「命」を与えます…そしてマット効果が戻ります。
「Finisher」がどのように機能するかを左側の写真で確認してください。

ホワイトオイル:

これは、15mPa•sの非常に低い粘度を持つ高価なホワイトオイル(純粋な鉱油)です。
これより薄い鉱油はありません。
これは修復した傷表面をさらさらにし、色の飽和度をあげる機能があります。
ホワイトオイルの使用によって、充填した部分を信じられないほどの彩度をもたらしています。

TPEラブドールについて質問がある場合は、メールにてお問い合わせください。

関連記事一覧

  1. この記事へのコメントはありません。

超お買い得セール品、毎週更新、今すぐチェック