AIセックスドールはこれから人を代わるの?

誰かが私達の代わりに性行為を取り替えるAIラブドールを言うが、AIが実際の関係を奪うことができるという考えの背後には深い皮肉があります。

「社会はすでに空っぽになっています」と、「サマンサ」と呼ばれるセックスロボットのエンジニアとデザイナーのセルゲイサントスさんはそう言いました。 「テクノロジーとは関係ありません」

セックスの未来、そしてAIセックスドールについて話したいと思います。サマンサは、巨乳と尻尾のついた鎖骨のセックスドールです。彼女の肌は熱可塑性エラストマーで作られていて、柔軟な皮膚を持っています。彼女はタッチや音声にリアクションできて、「オルガスム」さえ到達する事が可能です。休息モードでは、彼女は目を閉じて、セクシーに聞こえる満足したすやすやと寝息を立てます。

ラブドール 美和 清純 少女 良乳 138cm

私はサントスさんが素晴らしい発想を持っていると思っていました、しかし、彼がセックスドールが本物の女性を代わることができると信じるのは私にびっくりさせました。

「私と妻が離婚した場合、セックスにはセックスドールを持っていれば十分だと私は常に主張しています」と彼は言いました。 「感情的なつながりについてはどうしますか?」と聞いたら、彼の答えがまた非常にネガティブで、失語した私は苦笑してごまかすことしかできませんでした。彼はこのように言いました:「人間の間は純粋な感情が存在しないと思います。人は自分が利益をもらった時だけ他人を優しく取り扱いますね。例えばレストランに行くなら、料理に支払ったのでウェイトレスは礼儀正しくサービスしてあげるでしょう。空港に行くならば、一番親切に対応する人は乗務員でしょう。」

AI技術は驚くほどのスピードで進歩しています。そのゆえ、ロボット製品の価値が下がり続け、労働の自動化についての議論が激しくなるにつれて、セクボットはもはやSci-Fi映画だけで見えるものではなくなりました。 Santosのような発明者たちの見解は、長期な目で見て議論の正当な原因となっています。近い将来私たちの家にリアルなロボットがあることは難しいですが、急速な進歩に連れて必ず倫理的な議論が展開してしまいます。

以前営業したバルセロナのセックスドール売春宿「Lumidolls」は、人間の性産業が衰えた後に高く期待されていました。売春宿の所有者は、チラシの見出しにこれらのラブドールが女性を代わるものになると宣伝しました。セックスワーカーとセックステックの関係は、多くの異種グループにとって明らかに厄介な問題です。

ラブドール 美和 清純 少女 良乳 138cm

Santosを含む何人かは、性ロボットの急増はポジティブな発展であり、それの普及が人身売買や虐待を緩和させるのに役立つだろうと主張しています。しかし、反セックすロボット運動を率いるキャサリーン・リチャードソン教授のような他の人たちは、異なる見解を持っています。リチャードソンは、これは女性の客観化を奨励し、それゆえ性売買を増加させるであろうという理由でセックスロボットに反対しています。彼女は道徳的理由でセックスロボットに反対する多くの人々がそうであるように、完全に反性産業、廃止主義者です。

支持者のウェブサイトでは、次のように述べています。「私たちは、セックスロボットが性的搾取と代理人への暴力を減らすのに役立つと主張しています。テクノロジーと性産業がどのように共存し強化しているかを示す彼らは、本質的に、(人間であろうとロボットであろうと)この性的関係の動機は思いやりに欠けていると思います。

「あなたが望むどんな人格にも設定することができるでしょう。あなたが不思議なパートナーを望んでいるなら、想像できる最も不思議なパートナーを持つことができます」 – Dr Ian Pearson

セックスワーカーのMolly Smithにインタビューして、彼女の意見を尋ねました。

世界中の多くのセックスワーカーがそうであるように、モリーはセックスワークの合法化の支持者です「セックスロボットを買いたい人には、セックステックの人がいるでしょう。それらの人々は市場です」と彼女は私に言いました。「しかし、私はそれがセックスワーク市場と衝突するとは思いません。売春宿ではあらゆる種類の大人のおもちゃと成熟な性技術を持っていて、ここでしか体験できないことですね。」

「セックスワーカーとしてセックスロボットを使用することは、進歩的な発展とは思いません」と彼女は説明します。 「セックスロボットは変な性癖を持つ男を対象に使用すると言われています。しかし、セックスロボットは電話と会話を取ることができません。それらについて一緒に話すことによって、あなたはセックスワーカーを物と区別することができます。」

未来学者のIan Pearson博士は2015年に報告書を発表し、2050年までには人間とロボットの性別の量が人間と人間の性別の量を上回ると予測しました。私たちが電話で話したとき、他の人の知らない欲望と魅力の一部である謎についてどう思うかを尋ねました。モリーが示唆していたように、ロボットとのセックスが、たいていの人にとってデラックスなオナニー補助と意味するにしかありません。

「セックスワーカーと取引することは、自慰行為と同じではありません。私たちは人間です、私たちは関係を築きます、そして各人はユニークです」 – Mathilde

AIが人々の寝室に浸透するのを恐れているのは、ニュートラルで統一された欲望の概念の可能性だけが理由ではありません。性的サディズムの受け皿としての女性のような物の入手可能性にも心配です。たとえそれが実際的な危害軽減の助けになっていても、私たちは楽しいために女性を傷つく衝動を正常化するにはいけません。

ピアソン博士は私に、開発者と理論家の間で大きな心配は、表現の合法性であると言いました。この問題には否認の余地があります。大人のラブドールは、誇張された曲線を持っていますが、顔が子供っぽいものも多くなっています。

ラブドール 美和 清純 少女 良乳 138cm

私達がそれを好むかどうかにかかわらず、性ロボットはすでに現れています。これらの誕生は、私たちが提供するエロティックな喜びとコミュニケーション障害問題だけでなく、不愉快な現実に直面しなければならないことを意味します。ロンドンを拠点とするフランスのセックスワーカー、Mathildeは、これらの製品が社会にもたらすどんな課題でも、セックスワーカー自身は何も心配する必要はないと考えています。

「男性はあらゆる理由で私のところにやって来ます。私は多くの人がただお話しのためにやってくる人もいます。彼らが望むものと彼らがやってきた理由にはさまざまです。性的な解放だけではありません。セックスワーカーを見ることは自慰行為と同じではありません。私たちは人です、私たちは関係を築きます、そしてそれはユニークです。」

彼女とモリーは、私がそうであるように、最先端のセックスロボットでさえ、人間の繋がりを満たすことはできないと私たちは信じています。

誰もが同意するわけではなく、少なくとも1人のセックスロボットの発明者の世界観を知らせる深遠なニヒリズムは、かなり素晴らしいです。バルセロナから、セルゲイサントスになぜ男性がセックスロボットを女性の代わりに選ぶのは正しいと思う理由を聞きました。彼は大声で答えました:
「なぜ人は人形を好むのでしょうか?中立的なものが時々人間よりも優れているからです。時々物を持っていることは人と接するより良いです…嘘つきの人、理屈な質問をする人、バカな議論をする人…それはテクノロジーについてではなく – 人々についてです。石さえそんなにめんどくさいではないでしょう。」

関連記事一覧

  1. この記事へのコメントはありません。

超お買い得セール品、毎週更新、今すぐチェック