リアルドールのウィッグのクリニングの注意事項

リアルドールを装飾するために、お客様が様々なスタイルのウィッグを購入します。ですから、多くのユーザーがよくKanadollにウィッグのクリニングに関する質問をお問い合わせします。本日はまずかつらのクリニングするとき、何かご注意するものがありますか。

ウィッグは普通、数ヵ月に一度ぐらい洗濯すればいいです。しかし、洗濯機で洗濯のは絶対だめです。必ず手洗いをしなければなりません。また、洗濯した後、日光を浴びるとドライヤーを使用することもできません。以下、Kanadollはラブドールのかつらの洗濯方法を簡単に紹介させていただきます。

水を用意して、水温はあまり高くないようになります。ぬるま湯あるいは冷たい水はいいです。水に少量のシャンプーを入れて、かつらをサラサラにして、完全に水に浸かるまで手で押さえ、水の中に入れます。5 – 10分ほど浸してから両手で軽く髪をなでつけます。力を入れて洗ってはいけません。中と外は何度か優しくしてやればよいです。それから、水を交換して、残りの泡を洗って、何度繰り返してきれいになります。その後、髪を取り出して強く绞らないように軽く押して水分を取り除きます。そうでなければ、髪が乱れないようにしましょう。

洗濯した後、清潔なタオルを準備してください。そして、かつらはタオルの中に入れて、タオルを二つ折ってカツラを包みます。タオルを軽く数回押して、カツラの水分を吸い取ます。洗ったかつらはかつら棚に置くことを勧めます。かつら棚がない場合、椅子に広げて置きます、それに風通しのよい場所に置いて、自然に乾燥させましょう。日焼けやヘアドライヤーで乾燥しないことをしっかり覚えましょう。

かつら洗濯乾燥後の保存:もしかつらは長い間に使用しない場合、箱の中に入れてください。もちろん、かつら棚があれば最高です。かつらはかつら棚に置いて、外側にビニール袋をかぶせます。この状況はかつらの型を変わらない上に、灰を落ちることも避けます。かつらは服ヤ重い物の下に置かないことをしっかり覚えます、変形しやすくなります。

以上はラブドールのかつら洗濯する時に気をつけたい内容です。質問あるいは良い方法があれば、文章の下にコメントしてください。

関連記事一覧

  1. この記事へのコメントはありません。