どのようにしてリアルドールの大裂け目を修復しますか

リアルドールにしても、シリコンの人形にしても、使用中に破損する可能性があります。この前にkanadollは、本体のセックス人形の体に小さな傷(太ももの本体部の裂け目)がどのように処理されているかを説明しています。今日は下頸部または他の位置の大きい裂があれば、どのように修復するかについてお話します。通常にすると、文章の最後に詳細なビデオを添付いたします。ラブドールの首と肩のつながり「鎖骨部」は特に問題になりやすい部分で、特にリアルドールの使い方が間違っている「放置姿勢が悪い、力を入れすぎているなど」、あるいはアダルトドールが何年も使っている間に老化が発生した場合、特に首の肩に問題が発生しやすい。首の肩に大きな裂け目が発生する場合。

私たちは以下のように修理することができます:修復する時に必要な材料:TPE専用のり「シリコンリアルドールの場合は、シリコン専用の接着剤が必要です」、細い針金「細竹の綿棒あるいは綿棒」、綿布「修理する前に清潔に使うことができて、消毒した湿布に取って代わることができます」修復の手順:1.きれいな綿の布で裂け目の内外を完全にきれいに掃除します。水分がある場合は、拭いたり乾かしたりしてください。2.細い針金や綿棒に適量のTPE専用のりをつけて、セックス人形の裂け目の両側に軽く塗ります。3.人形の肩と首を動かして、裂け目を合わせる。4.適量の接着剤をつけて、閉じた亀裂に軽く塗ります。5.細い針金で口を軽く押さえて、接着剤を十分に接着する。6.リアルドールにこの姿勢を持たせて、12時間ぐらい放置する。「日当たりのいいところに置いて、日差しの下に置かないでください。」

これが詳細なビデオです。

上記はkanadollがリアルドールは大きな傷を修復する方法です。皆さんの役に立つことを願っています。

もし他の質問や提案がある場合は、文末にメッセージしてください。また、私たちの文章が良いと感じたら、シェアしていただけませんか。ありがとうございます。

関連記事一覧

  1. この記事へのコメントはありません。