リアルラブドールにお洋服を着せる方法(ドレスアップの仕方)

まずはじめに、ラブドールの座り方からレッスンを開始しましょう !
ラブドールが座るためには、まず寝かせた状態でゆっくりと片足を90度近くL字のように持ち上げます。もう片方の足も同じように直角の位置まで曲げます。それから、彼女をお嬢様のように抱えてベッドや椅子へとそっと降ろします。
まだ生まれたばかりの出来たてほやほやのリアルラブドールは、関節が結構きついです。ですが、色んなポーズや運動をしていくうちに、だんだんと柔らかく柔軟になっていきます。

よし!これで、座ることに成功しました。

次に両腕を自然なポーズにしたいですね。腕を動かすには、関節部分を上手く使って操ります。
例えば、二の腕を動かすには肩を手で支えて、肘を持って操作します。手から肘までの前腕を動かすには、肘を支点にして手首を持って動かしましょう。手首を回すときは、腕の状態に注意をしてください。

腕の可動範囲ですが、リアル本物の人間のように上下にも動きますし腕を大きく回すことも出来ます。【角度には限界がありますが。】

やって来たばかりの新しいラブドールは、腕の関節部分がまだ固いので写真のように腕を上げ過ぎないようにご注意ください。他の部分と比べて破損しやすい箇所となります。

良い方法はドールとあなたの手の平を合わせて、感触を感じながら優しく持ち上げていきます。
彼女への圧力が少し強すぎると感じたら、一旦ストップして再度徐々に力を加えつつ動かしてみます。
何度か試してみれば、すぐに片手でも楽々と操作ができるようになります。

ここでようやくお洋服が登場!

初心者の方には、まず色移りのリスクを最小限にするために薄い色の洋服を選ぶようにしてください。。
今回の撮影時は、肌寒い時期でしたのでセーターを選びました。事前に数回洗濯をしておいて色移りの無いように準備をしておきます。また、色移り防止を徹底するためにも、白色や肌色のTシャツやタイツをなどの肌着を付けた上から洋服を着せるとなお安心です。

購入したばかりのお洋服は、最愛のリアルドールに傷がつかないようにラベルやタグ等を確認して、すべて切り取るように注意をしましょう。

洋服の準備が済んだら、これから試着のポーズを取りましょう。まずは、手の指をまっすぐに合わせます。

二の腕と前腕を、無理のない範囲で90度近くまで上げます。

「靴下を履く」ようなイメージで、洋服の袖を腕に通します。

両腕をお互いに近づけます!

もう片方の腕にも洋服の袖を通す!

両腕を平行に伸ばして、洋服を胸の近くまで持っていく!

両腕をグっととまっすぐに伸ばします!

両腕を少し上げて、洋服を首元まで持ってきます。

この状態まで来たら、もう完成間近!

服を丸ごと引っ張るのを忘れないで,さもなくみっともない。
濃い色の服はパウダーに擦りやすく、表面に濡れたタオルでちょっと擦れば落ちてしまう

きちんと服をおへそが隠れるまで下に引っ張ります。

次にズボンを履きますが、念のためタイツをまず装着します。

横に寝かせて、足を上げたら、結構簡単に履くことができます。

レザー調のロングパンツを用意してみました!

しっかり腰元までズボンが履けたら、両足をゆっくりと降ろして、ズボンの位置を再度調整し直します。

これで完成!とってもクールに素敵に着こなしていますね!?

おっと、まだお顔を取り付けていなかった。。。てへ。

ヘッド側と首側のオス&メスを合体させます!

そして、私のお気に入りの洋風系ウィッグを装着します。

ウィッグをキレイに装着する方法は、、、

こちらの状態(フックの引っ掛け方)は、間違っている状態です。フックが破損しやすいので気を付けましょう。

ウィッグを上手く装着できたら髪をキレイにとかしてあげましょう!!!

ほんと、キレイだね。。。

全体のボディーバランスを確認します。うんOK!

靴まで履いて。。。ってオイ!欧米かよ!?室内で靴は履かないで。

より詳しい情報: 
ラブドールのクリーニング方法
世界で最も深いラブドールの収集家を探秘する
取り外す膣をインストールする方法

関連記事一覧

  1. この記事へのコメントはありません。

超お買い得セール品、毎週更新、今すぐチェック